MENU


安心の住宅購入や既存住宅流通のために様々な制度が用意されています。

そしてその根幹を担うのが『住宅診断』です。

しかしそのほとんどが上手に活用されていません。

なぜ活用されないのか。

それは建築業界と不動産業界の『慣習の違い』にありました。

購入に住宅診断が必要な理由。

売却に住宅診断が必要な理由。

制度活用に住宅診断が必要な理由。

既存住宅すべてに住宅診断が必要な理由。

お話し致します。

トップ用4画像

中古住宅でも住宅ローン減税が可能

築20年超えの住宅でも耐震基準適合や瑕疵保険加入で減税の対象に。

トップ用4画像

耐震診断から効果的な補強計画

中古住宅の耐震基準適合は様々な税制優遇を受けるファーストステップ。

トップ用4画像

1年又は5年の保険で安心をプラス

これからのスタンダード。瑕疵保険の加入で構造・雨漏りのリスクを回避。

トップ用4画像

長期固定金利の住宅ローンで安心

中古住宅の購入にもフラット35。長期固定金利で金利上昇リスクを回避。

インスペクター(住宅診断士)のご紹介

更新情報

(セミナーやイベントのお知らせ)