フラット35適合証明

フラット35適合証明の検査・発行料金

フラット35、フラット35S、適合証明書発行・検査の費用について(中古住宅基準)|住宅診断・ホームインスペクション専門アフリスペック一級建築士事務所|オンラインによる全国対応型の相談もうけつけています。北海道・青森・山形・秋田・岩手・宮城・福島・群馬・栃木・茨城・千葉・埼玉・神奈川・東京・山梨・静岡・長野・新潟・石川・富山・岐阜・滋賀・福井・愛知・三重・和歌山・京都府・大阪府・奈良・兵庫・岡山・鳥取・島根・広島・山口・高知・徳島・愛媛・香川・福岡・佐賀・大分・宮崎・熊本・鹿児島・長崎・沖縄 県

フラット35とは

【フラット35】は民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する全期間固定金利型の住宅ローンです。

経済状況の変化により、金利変動のある『変動金利型』とは異なる低金利住宅ローンです。

国の機関である住宅金融支援機構からの融資を受けるためには、どんな建物でも良いというものではありません。

基準をクリアした質の良い建物が利用することのできる安心の住宅ローンです。

フラット35適合証明書

弊社ではフラット35適合証明の検査・発行を取り扱っております。

フラット35の検査には、建物状況調査や瑕疵保険検査と共通する項目の検査がありますので、同時検査をお勧めいたします。

個別に検査対応をすると、検査費用が割高になってしまうことがありますのでご注意ください。

詳しくはお問い合わせください。

※1 フラット35適合証明検査については、劣化や耐久性の他、間取りの数や、建物の床面積等の基準もございます。あらかじめご相談ください。

※2 フラット35Sの適合検査は『中古タイプ基準』のみ対応可能です。

【注意!】
フラット35適合証明書に関するトラブルが増えています。
発行側の処分のみならず、融資取り消し(返還)などを求められることもありますので、ご注意ください。

適合証明のトラブルについてのブログ