売却

壁のひび割れ等、中古住宅の不安要素について

中古住宅に特に多い劣化事象は、壁のひび割れ(壁紙下地のボード割れ)や壁紙の隙間。その他にも、基礎のひび割れや、床の傾き、水漏れ等多くの事象があります。不動産を購入するということは一大事です。 そんな中で一つでもそういった事象がみられたら、不安になってしまう気持ちはとても分かります。でも、なぜ不安になってしまうのか。 その理由はご自身にあるのかもしれません。

続きを読む
宅建事業者様向け安心R住宅等制度活用セミナーを開催しました。

千葉市の住宅診断・ホームインスペクション事務所 アフリスペック一級建築士事務所です。 本日は幕張勤労市民センターにて、『安心R住宅等 制度活用説明会』を開催いたしました。ご参加いただいた宅建事業者様に於いてはお客様へのご […]

続きを読む
『高く売るなら住宅診断』チラシ配布中。

こんにちは、千葉の住宅診断・ホームインスペクション事務所 アフリスペックです。現在、以下のチラシを配布中です。 『高く売るなら住宅診断』 おそらく聞いたことのないフレーズだと思います。 インターネット比較サイトではありま […]

続きを読む
『安心R住宅』とは?

安心R住宅をご存知でしょうか? 2018年4月からスタートしたこの制度ですが、簡単に言うと、中古住宅に安心のしるしをつけて広告するというもの。 中古住宅の①耐震性適合②瑕疵保険検査適合③リフォーム済又はリフォームの提案が […]

続きを読む