壁のひび割れ等、中古住宅の不安要素について

こんにちは、千葉市のホームインスペクション専門事務所 アフリスペック一級建築士事務所です。

今回は壁のひび割れ等に代表される住戸住宅の不安要素についてのお話です。

その不安を理解に変える仕事がホームインスペクター(住宅診断士)の仕事でもありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

中古住宅の不安要素|住宅診断・ホームインスペクション専門アフリスペック一級建築士事務所|オンラインによる全国対応型の相談もうけつけています。北海道・青森・山形・秋田・岩手・宮城・福島・群馬・栃木・茨城・千葉・埼玉・神奈川・東京・山梨・静岡・長野・新潟・石川・富山・岐阜・滋賀・福井・愛知・三重・和歌山・京都府・大阪府・奈良・兵庫・岡山・鳥取・島根・広島・山口・高知・徳島・愛媛・香川・福岡・佐賀・大分・宮崎・熊本・鹿児島・長崎・沖縄 県

壁のひび割れ等、中古住宅の不安要素について

中古住宅に特に多い劣化事象は、壁のひび割れ(壁紙下地のボード割れ)や壁紙の隙間。その他にも、基礎のひび割れや、床の傾き、水漏れ等多くの事象があります。

不動産を購入するということは一大事です。
そんな中で一つでもそういった事象がみられたら、不安になってしまう気持ちはとても分かります。

中古住宅を購入しようとしている方からすると『壁が割れてる!』『耐震性は大丈夫なの!?』等、見た目でどんどん不安になってしまいますよね。

でも、なぜ不安になってしまうのか。
その理由はご自身にあるのかもしれません。

不安の理由は知識不足

なぜ不安になるのでしょう?
それはその事象についての知見が不足しているからです。

ご自身で施工をしたり、DIYが得意な方にしてみればそうでもないことも、家についての知識が無い方にとってはとても不安。

中古住宅に起こり得る劣化事象のひとつひとつの意味を理解していくことで、余計な不安も和ぎますが、家を買う前に建物の知識を深めるのには限界があります。インターネットの情報だけでは何が本当かわからなくなることも多いのではないでしょうか。

ホームインスペクターの役割

それなので、我々のようなホームインスペクターがいるのです。

対面で建物を見ながら説明をさせていただくことで、不安を理解に変えることが出来ます。

ただし、理解に変えたところで不具合事象が有ることに変わりはありません。

大切なのはその先。
どうしたら良いのか、どう考えるべきなのかのアドバイスが重要です。
これが出来るホームインスペクターがまだまだ少ないのが現状。

そして、以前のブログに書いた通り、弊社の診断に於いて『床下・小屋裏(屋根裏)調査』が標準になっている理由は、このアドバイスをするためです。
そこまで見なければ建物の全体像を語ることはできません。

↓お時間のある時にお読みください。

床下・小屋裏調査が標準仕様の理由

覚えておいていただきたいこと『家はなおせる』

弊社の住宅診断の根底にある考え方。
それは『家は直る』ということです。

人間はいつか終わりを迎えますが、家は手を入れていくことでその建物の寿命を延ばすことが出来ます。

家が傾いていたら、直せばいい。

雨漏りしていたら、直せばいい。

シロアリにやられていても、直せばいい。

その時に問題となるのが『資金』お金の話です。
それが購入判断の物差しになります。

住宅は一点もの。
その家に出会ったことが奇跡で、そこでの楽しい生活が思い描けるようならば、ぜひ応援をしたいと思っています。

まとめ

建物を維持するためには『資金』と『知識』が必要です。

そんなときに不足してしている建物の知識等を補うのが我々ホームインスペクターの本当の仕事です。

ちょっと熱くなってしまいましたが、それぐらいの気持ちを持ってインスペクションをしています。

どんなに新しいものでも不具合はあります。
どんなにボロボロの建物にも良いところがあります。

話がズレにズレて『選手宣誓』みたいになってしまいましたが、少しでも不安に思う気持ちがあるなら是非ご相談ください。

一緒にその建物について考えましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい。

それではまた!

お気軽にお問い合わせください。043-371-0066 電話受付時間 9:00-18:00

お問い合わせフォーム