床下調査

壁のひび割れ等、中古住宅の不安要素について

中古住宅に特に多い劣化事象は、壁のひび割れ(壁紙下地のボード割れ)や壁紙の隙間。その他にも、基礎のひび割れや、床の傾き、水漏れ等多くの事象があります。不動産を購入するということは一大事です。 そんな中で一つでもそういった事象がみられたら、不安になってしまう気持ちはとても分かります。でも、なぜ不安になってしまうのか。 その理由はご自身にあるのかもしれません。

続きを読む