床下の侵入調査で思うこと。

仕事柄床下へ潜ることが多いのですが、ここのところなぜかベタ基礎でない(地面にコンクリートがない)物件の調査が増えてきました。
昔の物件の流通が増えてきているのか、それとも他社で断られたのかわかりませんが、弊社の住宅診断(認定インスペクション)は床下への侵入調査を標準で採用しています。

こんにちは、千葉の住宅診断、ホームインスペクション事務所アフリスペック一級建築士事務所です。

ベタ基礎が一般的になる前は布基礎が布基礎が主流でした。布基礎であっても、湿気が上がらないように、床に防湿シートを施してあるものありますが、この防湿シート自体も劣化していることがよくあります。防湿(地面からの湿気を防ぐ)の意味が年数とともに失われてきているのですね。

木造住宅に於いて、床からの地面からの湿気を上げないことはとても重要です。湿度の高い状況は最悪の場合、シロアリ等を呼び込む原因になります。シロアリはすぐ近く普通に生息していますので、対岸の火事では無いのです。湿度が高い状況は、ある意味シロアリさんを呼び込みしているようなものです。是非一度床下の点検をしてみましょう。

また床下の点検はシロアリの被害だけでなく様々な事象を発見することが出来ます。外から見た基礎のヒビ割れが中まで貫通しているのか、配管からの水漏れは無いか、断熱材が落下したりしていないか。特に断熱材の落下は比較的多く遭遇する事象で、『断熱性が下がって少し寒いだけでしょ?』と思われるかもしれませんが、断熱性が下がると言うことは、冬場であれば室内側での床の表面温度が下がることを意味します。つまりその部分に於いてはサッシが結露をするように、床に於いても結露が発生し易く、その結露水が木造を湿潤な状態にする可能性があるのです。

するとどうなるでしょう??先ほどお話をしましたが、シロアリがやってくるのですね。シロアリは湿潤な状況を好みます。最近ではアメリカカンザイシロアリなどの乾燥した材を好む種類もいます。

木造住宅は一つの事象が他の事象を引起す可能性が高い工法です。新しい工法が登場した時期はまだまだその正しい施工方法が浸透しておらず、間違った施工がされていることが多いです
。経験上特に多いのが、2000年前後に建てられた物件です。耐震基準の変更や、高気密高断熱住宅の流行に伴い、多くの間違った施工が見受けられます。

その頃の建物をご購入または、お住まいになっている方は是非一度点検をすることをおすすめいたします。

お気軽にお問い合わせください。

千葉の住宅診断・ホームインスペクション事務所アフリスペック一級建築士事務所でした。